2011年

7月

08日

離婚だってあります

ご夫婦のシステムコーチングでは、多くのカップルが

「もっと仲良くなること」

を望んで、コーチングのドアをたたいて下さいます。

でも、システムコーチングが目指すのは「仲良く継続する結婚生活」ではないのです。


目指すのは

「適正な関係性」

ですから、
二人にとって、「別居する」という選択が適正なこともあるでしょうし、それが一番であると合意すれば「離婚する」という選択をとられることもあるわけです。

実際、既に離婚の手続きに入ったカップルが
財産分与する過程でぎくしゃくして、
いい関係性を保ちながら話し合いを続けるためにシステムコーチングを受けるというケースもあるんです。

憎しみあい、罵り合いながら別れるのではなく
相手を尊重し、ポジティブに離婚する。
子どもがいるなど、今後も関係性が続くのであれば尚更ですね。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。