2011年

3月

30日

【クライアントの声】コーチングで得たものは「わたし」

 

コーチングを終了されたFさん(30代、団体職員、女性)から

コーチングについてのご感想をいただきました。

-----

 

もやもやしていたことを言葉にするだけでも気持ちが変わりました。

話してみると、そんなに大したことじゃないや、と思うようなこともありました。


定期的にコーチングを受けることで、

テーマは違うけど考え方のアプローチのようなものは学んでいるようで、

別のことに対しても「こう考え直せば、楽に感じられるのかな」のような

応用が少しできるようになりました。

 

(平田香苗について)

気さくでいいコーチだと思います。

初め気さくすぎて、私のココロにズケズケ入ってくるんじゃなかろうか、と思いましたが

そんなことはありませんでした。

 

ほとんど私見のようなことはおっしゃいませんでしたが、

たまに平田さん個人の意見を言っていただいたことに何回か救われるようなことがありました。

同じワーキングマザーの先輩としてそのような部分でとても魅力を感じました。

 

(コーチングという手法について)

以前から興味があり、今回1年強受けてみましたが、とても有意義だったと感じます。

コーチとの信頼関係を築くこと、自分の中の変化を感じることが、

コーチングを成功させる要因のような気がします。

数か月継続してコーチングを受けることが習慣化してるな、と思ってからのほうが

自分の行動にいい変化があったように思います。

 

(コーチングによって得たものは?)

わたし

 

---

Fさん、ありがとうございました。

 

ご一緒させていただいている間、お仕事、ご家族、自分の生き方など、

様々な分野で困難に直面されることがありました。

 

しかし、いつもFさんが「私らしさ」という軸に立ち戻り、

数々の局面を乗り越えてこられたことがとても印象に残っています。

 

きっとこれからもご自分らしい生き方を、肩の力を抜いた状態でされていくと思います。

それができる方です。


またお話できる日を楽しみにしています。

 

クライアント枠に空きがでましたので
新規クライアントを募集いたします。
ご興味のある方はお申し込み・お問い合わせページよりご連絡下さい。