2011年

1月

03日

年賀状を読んでいて思ったこと

正月三が日に届いた年賀状を読んでいて、ふと思ったことがあります。

「娘は○○に夢中です。」とか
「次男は受験です。」とか
お子さんの近況を書いてくださる方、結構いらっしゃるんですよね。

私も親戚への年賀状は子どもの近況を書きます。
「夫婦でクロスバイクにハマっています」なんて書いても
「クロスバイクって何?」って高齢の方も多いですから。

でも、古い友人にこそ
本当は自分の近況を知らせて欲しいなと思います。
今は何に夢中になっていて、どんなことを頑張っているのか?
(夢中になっているのが「嵐」だって構わないと思います。)
もしくは、どんなことにチャレンジしたいと思っているのか。

ご家族のことも知りたいけれど
直接の友人である、あなたのことを本当はもっと知りたい。
でも、残念ながら本人についてはコメントも写真も無いことが多かったりします。


あと、「お子さんの成長が楽しみですね」ってコメントを拝見して気がついたこと。

私は当然子どもの成長も楽しみにしているのですが
同じぐらい自分の成長も楽しみにしているってこと。

夫のお腹の成長はこの辺で勘弁して欲しいと思っているんですがね。