2010年

11月

08日

「できるかできないではなくて、やるかやらないか」

パーソナル・コーチングを完了されたワーキングマザーの山口直子様より

コーチングの感想をいただきましたので、掲載させていただきます。

 

---

○セッションを受けられて、ご自身の考え方や行動で変化はありましたか?

 

とても大きく変化をしました。

もやもやとしていて行動に移せなかったことを思い切って選択することができたり

(引越し、迷っていた研修に行くなど)、

そのことで自分の目指している方向に進むことができつつあったり、

今まで見えていなかったビジョンが少しずつ明確になっていくことを感じることが出来ました。

 

 

コーチングという手法についてどう思われますか?

 

短い時間にとても充実した話ができるスキルだと思います。

 

 

○コーチングをどんな方に進めたいですか?

 

仕事や生活上のことで行き詰っている方で、しかも時間がなかったり、

相談室などに行くことに抵抗がある方。

電話だととても気楽に導入できるような印象です。

 


○その他感想をお聞かせ下さい。


私は、常勤の仕事をいったんやめ、子育て家事に追われていて、子供に対する接し方、

夫との付き合い方、これからの自分をどう生きていけばいいのか悶々としていた中で、

コーチングに出会えたことはとてもラッキーだと思っています。

将来自分がこうありたいと描くことは

日々の生活の中でとても大事なことだと思えるようになりました。

 

 

○最後に、コーチングで得たものを一言で言うと?

 

「できるかできないではなくて、やるかやらないか」

 

 

---

 

山口さんがコーチングを通じて

「いいんだ、私これやっていいんだ!」と

どんどん自分の「くすぶり」を行動に変えていく様子は

人が元々持つパワーのすごさを見せ付けられるようでした。

セッションとセッションの合間で、コーチの私の予想を上回る行動力を発揮し、

いつも私が驚かされていました。

 

ありがとうございました。