2010年

6月

30日

五十六メソッド~褒めるの0円~

システムコーチングトレーニングの2日目。
その中で関係性の「毒」になるものの話がありました。

その際リーダーが
「もっとチーム内でメンバーを肯定(認知)すればいいのに。
コスト0円でパフォーマンスがものすごく上がるのよ」
という発言が。

あ、「褒めるの0円」だ!
ちょうどブログでご紹介しようと思っていた「五十六メソッド」と
またしてもつながった感じ。

で、今日はぜひ、この「五十六メソッド」をご紹介したいのです。

五十六メソッド~褒めるの0円~(角野 泰次氏)


まあ、まずは上記のPDFを見て下さい。
面白いです。めちゃくちゃ笑えます。
でも、言っていることはすごーく大事。
部下や後輩に目標設定させたり、動機付けしたり、モチベーションを上げたり
部下育成のエッセンスが盛り込まれています。
素晴らしいバランス。つかみ最高!
さすが、賞を取るにふさわしい内容です。

ちなみに、角野さんは、人事コンサルタントでも部下育成の専門家ではなく
IT企業でシステム開発に携わっている方です。

実は角野さんとは、先週のワールドカフェで同じテーブルに着いたのがご縁で
このようなプレゼンをご紹介いただきました。


すごいインパクトあるでしょ?
これを見たとき、過去のプレゼンだからと埋もれさせたくないなって思ったんですよね。

研修その他、機会がある限りは「見て下さい」って言い続けようと思っています。

(注)
角野さんが同作品を発表したのはオブジェクト倶楽部2006クリスマスイベント
その中のライトニングトークス(カンファレンスやフォーラムなどで行われる5分程度の
プレゼンテーションのこと)で見事ベストトーカー賞を受賞されました。

ちなみに、下記でそのクリスマスイベントでプレゼンする角野さんの映像を見ることができます。
ライトニングトークス in オブジェクト倶楽部2006クリスマスイベント (6)