2010年

3月

16日

私は、人という生き物がじんわり体温を感じるための、温泉の源泉です

週末に、「自分の存在意義の宣言文を作る」機会があり
面白かったのでちょっと書き残しておきたいと思います。

一昨年にこのワークをした時にできた宣言文は以下の通り。
「私は、人を温め、解放し、勇気づけるマグマです」

全く同じワークなのに、今回は違う自分がいて。
できたのが標題の
「私は、人という生き物がじんわり体温を感じるための、温泉の源泉です」

以前に比べるとエネルギーの質感が変わっているというか。
「マグマ → 温泉」で、共に湧き出でるものって関連性も面白いし。
「人はもともと完全な存在で、自分で答を見つける力を持っている」っていう概念も
しっかり体に入り込んでいる感じがする。

このワークの際に一緒に組んでコーチ役をやってくれたちからさんや
受講者の皆さんに感謝!
とっても楽しい時間でした。