2010年

1月

07日

40歳は人生の正午

「40歳は人生の正午」と表現したのはユングです。
今でもスタートを大学卒業時、エンドを60歳とすると、40歳はだいたい折り返し地点ですよね。
(まあ、60歳で現役を引退できるほど年金は当てにできないと思っていますが。)

 

40歳になると、本当に60歳から40歳を引き算します。
これ、本当です。
どんな方でも、これから残りの人生をどうやって生きていこうかということが
頭をかすめるのではないでしょうか。
私自身も「折り返し」を意識しましたし、
実際、私のところへコーチングを受けに来られるアラフォーの方々も
この折り返しを皆さん意識されていらっしゃいます。

そして、残された時間に限りがあるからこそ
やりたいことを「そのうちに」ではなく
「もう後がない。だから今。」という確信に変わっていくのです。

キャリアデザイン研修でも語っているのですが、
40代はなってみると意外と面白い。
エンジンのかかりがそれまでと違うから。
現実と理想のギャップを把握することから始まりますが
しっかりと自分の将来と向き合えたら後は行動するのみですから、
想定外の面白さだと思います。

まだまだ円熟しますぞ。